JEEP STYLE 2024 SPRING 好評発売中!
JeepSTYLE2020SpringJeep® GrandCherokeeJSB Information最新情報

Jeep Other Line Ups(4)

Jeep Other Line Ups
Jeep Other Line Ups
RENEGADE, COMPASS, CHEROKEE & GRAND CHEROKEE
【AD】

他ジープモデルを一挙に紹介

2014年、フィアットとクライスラーが合併し「フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)」が誕生。以来、FCA内のブランドは各国で販売網が棲み分けられているが、ジープはグローバルブランドとして展開する意向となり、そのブランド力を強化する方針が取られた。また、それぞれのブランドが車種を統合し、グループ全体でのスリム化を図ってきたが、ジープは前述の方針もあり、その影響をあまり受けることなく現在に至っている。2020年現在、北米市場ではJLラングラーを含め、全5車種をリリースしている。

Jeep Other Line Ups
RENEGADE
Jeep Other Line Ups
COMPASS
Jeep Other Line Ups
CHEROKEE
Jeep Other Line Ups
GRAND CHEROKEE

GRAND CHEROKEE(グランドチェロキー)

Jeep Other Line Ups
GRAND CHEROKEE(グランドチェロキー)
Jeep Other Line Ups

力強さとラグジュアリーを融合したジープの旗艦

 グランドチェロキーは、ライバルメーカーがリリースしセールスを伸ばしていたミッドサイズSUVの対抗馬として、1993年に初代モデルがデビューした。現行型は4代目にあたり、2011年型として登場。開発そのものは、ダイムラー・クライスラー時代に行われており、メルセデスベンツMLクラスとプラットフォームを共有することで、オンロード性能を向上させたクロスオーバーSUVへと転身した。
 デビュー当初は、3.6ℓV6ペンタスターと5.7ℓV8HEMIの2種を搭載していたが、翌年には6.4ℓV8HEMIを搭載するSRT(2012年型~)を追加。2014年と2017年にマイナーチェンジを実施しており、現在に至っている。デビューしてから9年目を迎えているものの、販売台数は年々増加傾向だ。
 2019年の日本仕様は、Laredo、Altitude、Limited、Summitを中心に、ハイパフォーマンス仕様として、SRT8とTrackhawkの全6種を基本にラインナップしている。また、限定車としてオフロード性能を高めた「Trailhawk」と、Laredoをベースに専用のドレスアップパーツを加えた「Upland」をリリースした。
 ちなみに北米市場では、Laredo、Limited、Trailhawk、Overland、Summit、SRT、Trailhawkの7グレードを基本とし、限定車としてUpland、Altitude、Lmited X、High Altitudeの4タイプを用意するという充実したラインナップとなっている。

Jeep Other Line Ups
Limitedの上を行くSummitは、ウッド&レザーが採用されており、harman/kardon製プレミアムサウンドシステムやサンルーフなども備わる最高峰グレードとしてラインナップされる。写真は、海外仕様のSUMMITグレード。
Jeep Other Line Ups
Jeep Other Line Ups

2.0ℓ直4ターボ「ハリケーン」は、最高出力272ps/最大トルク40.8kgmを発揮(写真左)。日本仕様でも以前採用されていた3.2ℓV6日本仕様ではSRT8とTrackhawkを除いた全グレードで、最高出力290ps/最大トルク35.4kgmを発揮する3.6ℓV6ペンタスターを採用。これに電子制御式8速ATが組み合わせられている。(写真右)は、272ps/最大トルク32.1kgmだった。

text by 編集部
PHOTO:https://www.jeep.com


JeepStyle2020Spring
JeepStyle2020Spring

こちらの記事はJeepStyle2020Springからの記事となります。

詳しくは本誌を御覧ください!

こちらにて販売中!Fujisan.co.jp

Translate »